そのだつくしのローカル劇場

岩手県雫石町在住のアタイのさもねえ日記

仮面と別人格

今週のずったり岩手の1コマ 
読む人たちにはわからないだろうなぁーと思いながらも描いた自分脱皮の図
つまり仮面が取れてしがない会社員から漫画家になるときにはずしてすてられた自分自身の殻です
仮面はあればあったで社会には大事
つまり外面だもの
礼儀、空気を読む、自分を抑える、相手に気を使う
しかしそれもありすぎたらいけない
暑化粧どころじゃないや(笑)
なら邪魔な仮面は断捨離ね
どうやって?
手っ取り早いのは内観
自分と向き合うこと。生まれてから今までの年表書くと自ずと見えてくる
私はセラピストさんの指示で自分の歴史を書くことをやって、吐いた事がある(笑)
それだけ顔に食い込んで、剥がすときに痛むわけだ
だから「ずったり岩手」…ぁあその前の「主婦のトモ」って作品もそうだったな
不妊症の時期に不妊症のヒロイン書いて、自分に賭けたとゆー
連載中妊娠して、ヒロインにも妊娠させた
荒療治だ(笑)
まぁここまでいうと怖い話ですが
佐々木陽介の目
こんな仮面もある
いまはインスタグラムで楽してるけど
たまにね
佐々木陽介は、私が男に生まれていたら名乗ってた本名です
まぁ時々出てくるゆっくりペースな分身です
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いろんな卒業 | ホーム | おはよーぅ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |